占いの裏事情

公開日:  最終更新日:2018/03/06

オードリー・若林正恭が、
『オードリーのオールナイトニッポン』の放送で
テレビ番組『ショナイの話』の企画にて
元占い師にインタビューした時のことを話したらしいが、
驚くべき裏事情が明かされたようだ。

よく言う“ラッキーアイテム”、
最初はタロットなどで真面目に占っていたらしい。
そのうち面倒になり“目にしたものを書くようになった”と。
また、人の悩みというのは『家族、恋愛、仕事』のほぼ3つに限られるとのこと。
調査のような占いをしていくうちに、「当たりました」と占い師のもとに報告が来る。
すると占い師の方も徐々に天狗になり、
後ろめたさも消えズバリの口調で占うようになっていくそう。

こんな事してもお客さん来る。
占い需要は高いです。
信じるか信じないかは、
訪れる人しだいです。

【電話占いヴェルニ】


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑